あっとすくーるが目指す社会

親が離婚したり、亡くなったり、あるいは結婚せずに子どもを育てたり。

そういう理由で親が1人の家庭を“1人親家庭”といいます。

“1人親家庭”は、いろいろなハンデがあります。

 

「経済的に大変だ」

「親子で一緒にいる時間がなかなかとれない」

「1人親ってだけで、変な目で見られる」

 

などなど、数えればキリがないくらいです。

でも、それって、しょうがないことなんでしょうか。

 

親が1人の家庭だってあってもいいし、今もどんどん増えている。

ただただ、親が1人ってだけで、いろんなハンデがある。それって、不平等な気がする。

 

じゃあ、平等な社会を創ればいいやん、ってことで、あっとすくーるができました。

 

1人親家庭の子どもでも、自由に未来を選べる社会に。

1人親家庭だから、お金がない。

お金がないから、塾に行けない。

塾に行けないから、学力がのびない。

学力がないから、高校・大学に行けない。

 

そうじゃなくて、1人親家庭だから、お金がない。

だけど、勉強できる場所はある。

そこにいけば、信頼できる兄ちゃん・姉ちゃんがいる。

遊んでくれるし、真剣に叱ってくれる。

 

勉強を教えてくれる。

高校・大学のことも教えてくれる。

家族のことや友達のことも聞いてくれる。

なんか頑張ってみようと思える。

一生懸命勉強して、学力があがる。

そして、高校・大学にも自由に行ける。

 

そういう場所がいっぱいある社会。

そんな社会が創れれば、なんだか未来が明るいような気がする。

 

経済的困難を抱える1人親家庭の子どもが将来に対して希望を持ち努力ができる社会

 

あっとすくーるは、そういう社会を創っていきます。

 

学生スタッフとして活動に参加する
寄付をする
奨学金制度
講演・研修のご依頼はこちらから
Facebook
公式ブログ
かざして募金で簡単に寄付ができます!
関連リンク
無料で簡単に活動を支援して頂けます!
みのおチャリティタウンプロジェクト2014
学習塾ナビ